コンサルティング

Consulting

コンサルティング

プロジェクトコンサルティング

■中小企業、小規模企業、個人事業の社長さま、オーナーさま、店長さまの様々な悩みを解決する手段があります。
ローコストで月定額制の継続的なプロジェクトコンサルティングサービスです。

コンサルタントとしての8つの基本のスキルがあります。これを踏まえて、全力でサポートします。
このスキルは、私がコンサルタントの指導を受けた先生に習ったことです。
日々忘れないようにして、正しい努力を積み重ねてアップデートしています。

 

・情報取集スキル(情報の集め方)
・整理・分析スキル(第三者の視点から分析)
・エバリュエーションスキル(正しい評価)
・ファシリテーションスキル(合意形成を高める推進役)
・課題化スキル(これからやる事の選定)
・相談対応スキル(真の意図の把握)
・フィードバックスキル(迷子にさせない)
・プレゼンテーションスキル(Before / After を意識)
この8つのスキルにプラスがあり、一番大事で忘れてはならないスキルが
・コミュニケーションスキル(これは全てにおいて必要です)
私はコミュニケーションに関しては、「認定コーチ」で別で学んでおります。
そして、これらのスキルを駆使して、コンサルタントを進めていきます。
 
事業の現状分析、問題点・課題の抽出、改善提案と実効策、新規事業の計画、将来可能性を討議し方向性と実現のための課題を明確にする為、 KPI(重要業績評価指標)を組織目標達成のために明確に数値を落とし込んで設定する。
 
KPIという単語だけを聞くと難しいと考えてしまいがちですが、目的を達成するためのステップをゴールから逆算し、チームのそれぞれが、高い目的意識を持ち続けていけるように、例えば、「営業部門」「製造部門」「間接部門」「購買部門」「物流部門」などのテーマごとに設定した、ミッションを数値として落とし込む作業がKPIの設定だと言えます。
 
適切な数値(甘い目標という意味ではありません)で KPIを設定できた場合には、チーム全体が最終目的を明確にイメージし、企業全体の目標をつかみ取ることができるでしょう。メンバーのパフォーマンスも自然と上がり、企業として団結にもつながります。
 
また、 SWOTクロス分析を投入して一緒に分析作業を行い、企業の強み、弱みを把握し、「積極戦略」「差別化戦略」「改善戦略」「撤退縮小戦略」などを導き出し、そこから最優先戦略課題を抽出することで、現状に即した経営のサポートの提案をします。
 
決めたことの進捗状態を PDCAで何度も確認して、修正するものは早めに修正をかけていくことで、取りこぼしのないように進めていくサポートをしていきます。

プロジェクトコンサルティングの継続的な基本ステップを簡単に説明します
【ご協力の基本ステップ】

 

「簡易企業診断」
  ・トップ、幹部、中堅幹部等に対するヒアリング
  ・社員アンケート
  ・外部の市場等関連資料等の収集 など
           
「SWOTクロス分析戦略会議」
  ・外部要因、内部要因分析から(強み)(弱み)を抽出
  ・戦略の選定 
  ・最優先課題の抽出   など
           
「経営研究会」
  ・簡易企業診断結果の共通認識
  ・企業の成長の条件とは
  ・企業が成長に導くビジョンと戦略とは
  ・中小、小規模企業の実現する組織とシステムとは  など
           
「戦略策定プロジェクト」
  ・目指すべきビジョン
  ・内部の強化策策定
  ・ KPIテーマ選定
  ・中期経営計画のあり方、その他  など
           
「中期経営計画策定プロジェクト」
  ・中期戦略目標の設定
  ・目標達成のための戦略の策定と戦略課題の抽出
  ・部門別の実行計画の検討・策定
  ・ KPIテーマごとの数値確定
 
あくまでも基本のステップですので、要望をお聴きしながらクライアント様によりカスタマイズしていきます。
実施形態としては、 1回4~5時間程度のプロジェクトミーティングを行います。
必要に応じて、オンライン、電話、メール等でのフォローをいたします。
「現状の問題解決」や「目前の目標達成」を実現するだけでなく、1年後、3年後と中期経営計画を策定して、戦略的・計画的・段階的に取り組んでいくことが、実現推進につながっていきます。
 
弊社の企業理念で「町医者のように身近にクライアントに寄り添う」というのがあります。
 
所詮、弊社は私池邉が一人でやっているコンサルタント会社です。
コンサルタントファームさんの様な立派なことはできませんが、その企業理念に沿って、弊社として真剣に社長さま、オーナーさま、店長さまに寄り添いながら、カスタマイズしたサービスで取り組んでおります。皆様の経営の悩み、目指す理想の状態など、色々な話を聴かせていただき、どうしてもひとりぼっちになりがちな、経営者の味方になりたい。サポートしたい。
その思いを強く持ったのでコンサルタントになったのです。