アイデアをひねり出す・「オズボーンのチェックリスト」


vol.065

新商品開発や新企画の発想をするのに、有効な考え方、手法を考えてみましょう。
その一つが「オズボーンのチェックリスト」です。
それは何?と思われた人も多いと思います。
いや、知っているし、もう会社で活用しているよって人もいるかもしれません。
それだけ、有名なものです。
ブレーンストーミングの考案者として有名なA・F・オズボーン氏による発想法で、
アイデアをひねり出すための有効な9つの視点をまとめたテンプレートのようなものです。
これを使うと、思いもよらないアイデアが生まれやすくなります。
新商品、新企画などで、新しいアイデアや発想を求めている時などに有効です。
では、その9つの視点から考えていきましょう。

1、転用
・この商品や企画は別の新しい使い方はないのか?
・それは、他に転用できないか?
・改善・改良で新しい使い道はないか?

2、応用
・他に、過去に似たものはないか?
・他のアイデアから応用できるものはないか?
・似た商品や他業種のアイデアを応用できないか?

3、変更
・変えられる部分はないか?
・意味、色、動き、音、匂い、様式、型などを変えられないか?

4、拡大
・強く、高く、長く、厚く、頻度、付加価値は?
・広げたり増やしたりできないか?

5、縮小
・弱く、低く、短く、薄く、省略、分割は?
・より小さくできないか?

6、代用
・他の素材はないか?
・他のアプローチはないか?
・人、もの、製法、場所など、他のものでの代用は?

7、置換
・他のパターンは?
・配置、順序、要素、因果を入れ替えてみたら?
・アレンジし直したら?

8、逆転
・逆にしてみたら?
・役割をひっくり返したら?

9、結合
・目的を組み合わせてみたら?
・アイデアを組み合わせてみたら?
・ブランド、品揃え

例を考えてみましょう。
キーワードを「シュークリームの皮」としてみます。

1,転用  スイーツ以外で使用できるか?
2,応用  料理に使用しているものがあるか?
      似た料理の具材はないか?
3,変更  シュークリームの皮をどんな風に変更できるか?
      見た目や色や味を変更できるか?
4,拡大  どれぐらい大きい皮が焼けるか?
5,縮小  どれぐらい小さい皮ができるか?
6,代用  材料は変更できるか? それでシュー皮になるのか?
7,置換  和食、洋食、イタリアンなどで使用すると?
8,逆転  シュー皮を中に入れたらどうなるか?
9,結合  料理と合わせることで、色々な味や色のシュー皮になるか?
      組み合わせることで、シュー皮の種類を増やせるか?

少しわかりにくい例になってすいません。
個人的には、シュークリームの中には、カスタードクリームが当然定番ですが、
料理との統合をして、中身にカレーやシチューを入れて、
レンジして熱いうちに食べてらどうなんだろうと思いました。
世の名にはあるのでしょうか?


ではまた!

タイトルとURLをコピーしました