コーチングのついての考察・コミュニケーションの変化と進化!


vol.072

コミュニケーションの大事なことは、前回で書きました。
それを、現代風に変化させ、そして、進化させていくことが大事なのです。
どんな風に変化しているのでしょうか?

①従来のコミュニケーション
指示命令型の上からの一方通行のコミュニケーションが多くみられ、
その結果、指示命令されたことだけを忠実に実行する、依存タイプの人間が出来てしまいます。
上からの指示命令がないと何も出来ません。
本人たちは楽ではありますが、自分では考えない、手本・マニュアル・答えをすぐに欲しがる人間が出来てしまいます。
だって仕方ないです。勝手やると怒られるから。指示待つこのコミュニケーション状態が正解になります。
「もう、なんもかんも言わないとできない 」怒っている場合ではなく、その原因はあなたが起こしているかもしれません。

②これからのコミュニケーション
質問型の双方向のコミュニケーションになります。
それだけ、コーチングにおいては「問い」の持つ意味が大きいのです。
質問の答えを自ら考えることによって、自発的に能動的に行動に移せる人になります。
これは、双方向で上下関係なく質問して、これからの事の確認が取れて齟齬が出にくい。いやこれで出たら困ります。
自分で考えることにより、自分の問題として物事を捉える前向きな人間が出来ます。これは間違いないです。

●コミュニケーションの進化
情報化社会と呼ばれる時代、SNS、スマホ、などの普及に伴い、コミュニケーションの方法が一昔前と比べ様変わりしています。
SNSでの匿名でのコミュニケーションはコーチングとは少しずれるのでおいといて、
現在のコロナ禍では、従来の合って話し合うことではないコミュニケーションのやり方も重要になってきます。
それゆえに、一層の双方向のコミュニケーションの必要性が大事になりますね。
最近は「オンライン・・・」とか多いので、体験された方や自分が主催された方もいると思います。
そこで、「なんか伝わりにくいな?」とか「なにか集中できない?」とかないですか?
「リアル」と「オンライン」とでは、あきらかにコミュニケーションの取り方が違ってきます。

それでは、どんなことに意識を向ければよいのか、進化できるのか、いくつか提案します。

●コミュニケーションの量を増やします。
回数を増やす
時間を増やす
繋がっている感じがします。
お互いの事がよく分かるようになります。

●コミュニケーションの質を良くします。
相手の意見や考えを良く聞き出します
時間を使って、相手ととことん話い合います
納得するまで、徹底的に話し合います
意思疎通や情報が正しく伝わるようになります。
丁寧な対応になっていきます。

●双方向のコミュニケーションの完成が出来る。
目標達成に向けての方策が見えてくる
方策を実行するための筋道がわかるようになる
お互いに成長していける
私は今更ながらで、猛省です。こうやって向き合ってきたら、
わかりあえた人たちもいたのだろうと思います。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました